2012年01月24日

立ち始めている。

台本もあがり。
少しずつ立ち始めている。

時期的なものなのか、
体調が悪いメンバーもいたりするけども、
まだまだ焦るような時期でもないので、
マイペースに作ってます。

まぁまだ一回もダメだしもしてないぐらいのもんで、

とりあえず形を作っていっています。

元気なメンバーは、

毎日のように、稽古後飲んでおります。

女の子が一人いるのに、

お構いなしに、みんなエロい話してます。

エロい話しかしてないかもしれません。

男子が集まるとしょうがないのです。

性です。

中学生がそのまま大人になったみたいな集団なので

終わりまで、ずっと中学生みたいなノリでやると思います。


写真は稽古場近くの王将にて。

だちさんいい顔してました。

fruits03.jpg
posted by 砂糖 at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

稽古四日目

台本脱稿しなかったけど、
台本を二周くらい読みました。

一度の読みで一時間くらい。

あとは、ゲームしたり。

全容が見えなくて役者さんは不安かもしれないけど、

稽古で話したりしてる事で、

当初思っていたものと、少し方向性が変わりつつあります。



まぁまだ焦るような時間でもないので、


料理で言うと、

じっくり玉ねぎを炒めるような

そんな感じの段階です。


さて、明日も稽古。


台本書きますよ。


写真はゲームの残骸。

fruits02.jpg


川尻
posted by 砂糖 at 00:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

稽古三日目

稽古三日目でした。

新しく出来た部分含め読んだり。雑談したりで、

いつの間にか稽古終了。

今回はこのお芝居始めてから、初めての事をするので、

まだまだ恐る恐る。

カチッとはめにいかないといけないんだけど。

実験しないとなあ。


帰りにとんちゃんで男三人で飯食って帰宅。

服が肉臭え!!


fruits01.jpg

このメンバー+諸岡さんでやります!!

ちなみに諸岡さんは1月末にも本番がありますよ。

お友達の御笠ノ忠次の舞台です。

飯野さんとか、鷲尾さんもでますよ。

そちらも要チェック!!



川尻恵太
posted by 砂糖 at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

2日目の稽古終わって。

2日目の稽古でした。

多少台本を読みましたが、ほぼほぼ、雑談でした。

雑談といっても、

まぁ面白い、興味深い話がたくさんできまして。

稽古場で4時間近く話していても話足りなくて、

いけるメンバーで、

それからまた4時間の延長戦。

結局話は尽きることなく、

次回に持ち越されました。


次は何をしようかな。


そう思える、現場は幸せです。

それが自分のカンパニーであるなら尚更。


本当に人に恵まれてます。


いろいろすっとぱして、早く皆さんの前に行きたい気分。


まぁ、そんなことはできないので、


しばらく楽しく稽古します。


あ、舞台の詳細が載ってない。


こちらです。

http://sugarboy.jp/

あ、今はまだ載ってないけど、

女子も出ますよ。

民本しょうこちゃん。

素敵女子です。



川尻恵太


川尻恵太
posted by 砂糖 at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

SUGARBOY「Fruits] sugarboy「Fruits」稽古開始しました。

それにともなって、
このブログも本来の役割復活でございます。

今回は、

とある家族のお話です。

僕は4人兄弟の末っ子です。

そして、唯一、実家のある北海道から離れ、

一人で暮らしています。

生活の中に、家族はありません。(たまに電話するくらい)

それでも、

いつでも、無償で味方になってくれるのは、家族です。


実は、

僕はあまり、家族というものを描いてきませんでした。

父と息子とか、そういう単位ではあるのですが。


今回は、また少し特殊な書き方ではありますが、

家族の中でも、「兄弟」の話を書こうと思っております。


バカバカしくも、
強く生きていく兄弟たちとその周辺の人々を是非見に来てください。

顔合わせをしただけですが、

確実に面白くなると実感しました。


さあ、「Fruits」始まります。


川尻恵太
posted by 砂糖 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

昔書いた話を載せてみます。

5年前に書いた話を原文ままで載せてみます。
拙くて読みづらい文章だけど、たぶんこれが精一杯だったあの頃の。
僕にとって大切な大切なお話です。 

川尻恵太





■「リリアン」■


リリアンは頭がとっても良くって
宇宙の事も数字の事も言葉の事だって
なんだって知ってた。
だけどリリアンには友達がいなかった。
皆がね、口を揃えてこう言うんだ。

「リリアンはロボットだ」

リリアンはちゃんと人間なのに。
皆はリリアンにそう言うんだ。
リリアンはね、本当に頭がいい。
皆がリリアンの事をロボットだって言う事を
リリアンは数字の配列とか、宇宙の神秘とかを交えて
理解しようとするだけ。
リリアンはね。
嬉しいって事も、悲しいって事も、幸せの事も、
やさしさって事も、知らなかった。
そこの所だけ、どれだけの計算式を紙に書いたところで
理解ができなかったんだよ。

リリアンは1人で風景を見るのが好きで、
ある日、遥かな向こうに大きな雲を見つけたんだ。
ずっとずっと遠くにある雲がゆっくり漂っていって
どこに行くんだろう?って
リリアンは気になって、
気がついたらさ。
リリアンは歩いてた。何も持たないで歩いてたよ。

雲を追いかけてリリアン。
どこに何をしにいくのリリアン?

夕日が低くなって、風景がオレンジになったのを合図に
リリアンはお腹が空いて来た。
だからリリアンは雲を追いかけるのをやめて
明かりを探した。
大きな大きな景色の中に小さな小さな小屋が、
ポツンと一つだけあったんだ。
リリアンは扉をコンコンと叩いて言ったよ。
「もしもし、誰かいるようだったら開けてください」
扉は開かなかったけど声がした。
「どうぞ、中にお入りください。訳があって僕は扉を開けれないのです」
まだ、凄く小さな男の子の声だった。

リリアンは小屋の中に入ってみた。
すごく無機質な部屋で、壁はどこの面を向いたって
真っ白だった。
そしてその真ん中にベッドが一つ。
この小屋みたいにポツンとあった。
ベッドの中で横になっている男の子に目をやると
男の子はニッコリと笑ってこっちを見てたよ。
「疲れた顔をしてるね。どうか休んでいってください」
男の子は優しくそういったんだ。
リリアンはテーブルにあった林檎を2つだけ食べて
部屋の隅っこで丸くなった。

朝が来て、リリアンは男の子に聞いたんだ。
「君は寝てばかりだね、一体何をしているんだい?」
男の子はリリアンを昨日と変わらず優しい目で見てたよ。
「僕は、どうやら重い病気らしい。
だから生まれてから一度だって外に出たことがないんだ。
ねえ、リリアン。外の話をしてくれない?」
リリアンは男の子に外の話をする事にした。
リリアンが歩いた道。その時の空の色。
空の色が移り変わっていく様子。雨が降ったり
雪が降ったりする事、風が強い日は林檎の木から
林檎がポトポト落ちたりする事。
雨の後に架かる虹の橋の話。
リリアンは男の子にずーっと聞かせてた。
男の子はね、その全てに対して驚嘆や感嘆を込めて
色々な質問をしたんだよ。
「ねえ?虹ってそんなに綺麗なの?
 リリアンはどういう気持ちで その虹を見るの?」
リリアンはわからなかった。
どういう気持ちで風景を見てたのか?
そういう質問だけには答えられなかったんだ。
虹の色や形は教える事ができるのに。
リリアンは自分の事が全然わからなかったんだよ。

「ねえ、リリアン。リリアンは僕に足りないものをたくさんくれたね。
 リリアン、もう少しここにいてくれるかい? もし君が良ければだけど」

そうやってね。リリアンはここにいる事になったんだ。

リリアンはなんだか男の子の笑顔が大好きで
男の子の身の回りの事をなんでもやった。
リリアンは男の子の笑顔を見る為になんでもやった。

だけどね。
だけど。

男の子はどんどん元気がなくなっていっちゃう。
男の子は段々笑わなくなっちゃう。

ある日、リリアンは思いついて
真っ白な壁に空を描いて大きな雲を描いた。
男の子が笑った。
リリアンは太陽を描いた。
男の子が笑った。
リリアンは毎日、壁に色々なものを足していった。
その度に男の子は喜んだよ。
「これが僕の知らなかったことなんだ。なんて勿体無い事を
してるんだろう」って。
毎日、毎日、壁にはね。
今までリリアンが見てきたものの全てが描きこまれていった。
空の色だってたくさん変わってね。
人だってたくさんいてね。
壁の色はどんどん変わっていくのに。
男の子の元気はどんどんなくなっていっちゃう。

リリアンが壁に虹を描いた。
男の子は「綺麗だね」って言った。
でも、もう男の子は笑えなくなってた。
男の子が言った。
「泣かないでリリアン、僕は嬉しいんだから」
リリアンは気づかなかった、自分の両方の目から
ポトポトと、まるで強風の日の林檎のように
雫が落ちていってるのに。
ポトポト
ポトポト
止まらない。
戸惑っているリリアンを見て少年がちょっとだけ笑った。
「なんだいリリアン、初めて泣いたの?
リリアン、憶えていてね。それは悪い事じゃないんだよ」
リリアンは「悲しく」て泣いた。

もう壁の一面は外の色んな景色でいっぱいで
この部屋は世界だった。
リリアンは少しも動けなくなってしまった
男の子を手伝って、全部の壁を見せたんだ。
男の子は「これが僕に足りなかったものなんだね。
ありがとうリリアン。もう一つお願いをしてもいいかい?
僕とリリアンを壁に書いてくれないかな?」
リリアンは虹の麓にね、丁寧に丁寧に2人をかいたよ。
その絵の中で2人は仲良く手を握ってた。
男の子は小さなからだがもっと小さくなって
消えてしまいそうだったけど。
その絵を見た時に 精一杯の笑顔で
「リリアン、ぼくの手を握って。ほら、あの絵と同じだ」 と言った。

「あれ?リリアン。笑ってるの?とってもいい表情だね。
リリアン。いつもそうしているといいよ」
リリアンは男の子の笑顔がまた見れてとっても
「嬉しく」なったんだ。

世界の中で2人っきりでなんだか「幸せ」だったんだけどね。
リリアンはその一瞬一瞬で悲しくなったりとか
嬉しくなったりとか、できるようになってた。
部屋をぐるっと見渡すとね。
ベッドの左の壁から朝になって、そして正面で
夕方になって、右の壁で夜になった。
ベッドの頭上には大きな虹が架かってて。
男の子はその下で優しい顔してる。
リリアンはなんだかそれでじゅうぶんな気持ちになったよ。

最後の日にね。
男の子が言った。
「僕の知らなかった世界は綺麗だね。太陽があって雲があって
木があって、虫がいて、動物がいて、海があってさ。
海って果てがあるの?そして、空。そらはどこまで続くんだろうね。
そして雨が降ってさ、虹がかかったり、雪が降って 全部真っ白になったりするんだね。
リリアン、 どうか僕のかわりにその風景を見て欲しい。
そして僕のかわりに笑ったり泣いたりして。
僕はね、見てるよ。この壁を見てるように
全部全部。そうだ、僕はこの壁にとりわけ大きく描いてある
雲になるよ。そしたら流れて流れてさ。なんでも見れると思うんだ。
リリアン、どうか、僕がいなくなった事を悲しいと思わないで。
世界はこんなに素晴らしいじゃないか。
リリアンどうか。この世界を愛して。
僕は君の笑顔が大好きだよ」

男の子はね、もう凄く小さくなってしまったからだで。
リリアンの腕の中で、小さな小さな声でそう言った。
「ありがとう」
男の子はすごく優しく、穏やかに。
息をしなくなった。
リリアンは
ポトポト
ポトポト
涙を流したよ。
ポトポト
ポトポト。

いつしかね、リリアンの心はね。
真っ白だった心がね。
この壁みたいに、いろいろなものでいっぱいだったよ。
リリアンの心に男の子が描いてくれた風景で
いっぱいだったよ。

リリアンはとても見晴らしのいい
丘の上に、雲に一番近いてっぺんに男の子を埋めた。
「ありがとう」
リリアンは本当に本当にそう思って
言ったんだ。
生まれて初めて、本当に本当にそう思った。

そうしてね、リリアンはまた歩き始めたよ。
雲が流れる方向に。
今度はね、1人じゃないんだ。

リリアンの心の壁に描かれているように
リリアンは男の子と手を繋いで歩いてるんだ。


遠くの方に虹が見えたよ。
リリアンは笑った。
くしゃくしゃの笑顔だった。





posted by 砂糖 at 00:37| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

うわあああああああああ。

本番前です。

なので、

ぶしつけに、

告知します。

北海道の方へ。

面白いです。これ。

何故ならば、久々に僕が出ているからです。

僕が出ているのはなかなか観れません。

1人でなら観れますが、

集団行動をしている川尻は貴重です。

是非是非見に来てください!!


たくさんの大人たちと遊びます。

お芝居です。



苗穂聖ロイヤル歌劇団 6th 『夜明け前』


【作・演出】 
  川尻恵太

【出演】
  藤谷 真由美
  江田 由紀浩(劇団イナダ組)
  太田 真介(COLORE/プラズマニア)
  笠原 里佳(劇団Camarade)
  川井“J”竜輔
  小林 エレキ(yhs)
  庄本 緑子
  ツルオカ
  山田 マサル(AND)

  川尻 恵太


苗穂聖ロイヤル歌劇団WEBは こちら

公演詳細は下記<続きを読む>でご覧いただけます。

【日時】
  2010年8月
  27日(金)20:00開演
  28日(土)14:00開演/19:00開演
  29日(日)15:00開演
  30日(月)20:00開演
  31日(火)20:00開演

【会場】
  演劇専用小劇場BLOCH
  (札幌市中央区北3条東5丁目5岩佐ビル1F
   サッポロファクトリー北洋銀行北むかい)

【料金】
  一般前売 2,300円、学生前売 1,800円
  一般ご予約 2,500円、学生ご予約 2,000円
  当日 2,800円
  高校生 無料(要E-mail予約、学生証提示)

【チケット取扱】
  2010年7月10日一般発売

 前売券(一般 2,300円、学生 1,800円)
  ○ローソンチケット(Lコード:13171)
    ローソン各店Loppi直接購入
    電話予約 0570-084-001(要Lコード)
    ローチケ.com

 ご予約(一般 2,500円、学生 2,000円)
  ○E-mail予約(アドレスはこちら)
    ご予約方法:タイトルを「ナエボ予約」とし、本文に、
    「お名前・希望日時・枚数(一般○枚、学生○枚、高校生○枚)・
     電話番号」を記載の上、こちらまで送信して下さい。
    折り返し予約ナンバーを記載した確認メールを返信いたします。

  ○電話予約
    080-3296-3186(苗穂聖ロイヤル歌劇団)まで
    お電話でご予約下さい。

  ※ご予約〆切は各公演日前日の23:59です。
  ※3日以内に確認メールが届かない場合は、お手数ですが
   問合せ先までご連絡下さい。


【お問合せ】
  ご不明な点がございましたらお気軽に問合せ下さい。
  080-3296-3186(苗穂聖ロイヤル歌劇団)
  E-mailはこちら


【企画・制作】
札幌演劇人育成委員会


グッズなんかも売る予定!!

音楽ライブもある予定!


よろしくお願いしまーす!!


川尻
posted by 砂糖 at 16:29| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

苗穂HP

リニューアルしたという連絡が来ました。

久々に昔のブログ見たり。

過去作品がどんなんだったか思い返したり。

苗穂が詰まったHP。


8月に北海道で次回作。


詳細は随時発表らしい。


出演者、先輩ばかり。


楽しみだなあ。


是非是非チェックよろしくー!!


http://bloch-web.net/naebo/
posted by 砂糖 at 01:09| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

NONAIとアフターイベントと夜明け前。

どもどもどもどもー。

まだ北海道に居ます。

まあ、あと、10時間程でさようなら北海道ですが。

まず、

単独ライブ終わりましたー。

ご来場の皆様ありがとうございましたー!!

身体が大変な事になっていて、

なんてバカなことをしたんだろう。と思っています。

もっと動かないのをやればよかった。

1mmも動かないのをやればよかった。


でも、唯一救われたのは、

皆様が笑ってくれた事です。

笑ったー!!

ってやりながら、

笑い上戸なんで、お客さんが笑うと俺も笑いそうになって、

多分その瞬間はみんな楽しいんだろうな。って

思うので、嬉しいのです。


そんでそんで、

NONAIのアフターイベント。


まずはDJで協力してくれたみんな!!

北海道の仲間。って勝手に思ってる人達に協力してもらって、

このライブはできました。

イトウワカナ。
イシハラノリアキ。
谷口健太郎
Lyyn。
橋本一生。
弦巻啓太
ツルオカ。
山田マサル。
Eddy White。


ナイス選曲!!ナイスグルーブ!!
本当にありがとうございました!!
みんな素晴らしい芝居を作る人達です。
また一緒にやりたい!!


そして、パフォーマンス。

DVDJの棚田満。
切り紙の古田ちあき。
ショートコント、鈴木雄一。
歌、笠井琴美。
1.2.DON、氏次啓。
ラフチケット。


そしてお店を出してくれたスープカレー屋
「万屋」
マイキーと赤沼君ありがとう!!


そしてそして、はしゃぎまわった、今立進。


みなさまのおかげで素晴らしいイベントになりました!!
朝までわいわいできました!!

ご来場のお客様め!!

盛り上がってしまったら、またやらなくてはいけないじゃないか!!

でもありがとう。

本当にありがとう!!

個人的にも久々な人にたくさん会えて最高な夜でした!!



次の日。(急に!!)


8月に北海道で公演する。
苗穂聖ロイヤル歌劇団「夜明け前」のフライヤ撮影。

夜11時から朝まで。


まさに夜明け前、夜明け、夜明け後。な感じで行われまして、

無事に終わりました。


さあ、どんなフライヤになるんでしょうか。

こうご期待でございます。


多分、来月のイナダ組から挟まれるんじゃないかと見ています。

どうなんだろう?



では、東京への準備をして寝ます。


あざざあざざざざざざっざーしったーーーーーーーーーー!!
posted by 砂糖 at 04:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

最期のお願いどっせ―い!!

さあさあさあ、迫ってまいりました。

もう今日本番ざます。

長い事舞台に立たずに作家ばっかりやってたら

役者としての体力もポテンシャルも失っていました。

しかし、

作家と役者のハイブリッド的な面白さがにじみ出てきました。

これ、いい感じなんじゃないかとも思いつつ、

最後の一秒まで、身体がおかしくなるまで

もがき苦しみ、そしてせせら笑います。


まだだよ、まーだだよ。

まだチケット買ってないよ、いけるのに、行けるのにー!!

って方がいましたら、是非是非お買い求めくださいまし、

両日ともに、午前10時までならE−MAIL予約で、
前売料金になるそうです!!


最期のお願いだ!!オラに力を!あと金を!名誉を!モテのオーラを!



KAWAJIRI KEITA SOLO ACT LIVE 2nd
『NO NAI:INSTRUCTION』


「それでは、授業をはじめます。」


作・演出・出演:川尻恵太

日時:2010年5月28日(金)20:00/29日(土)15:00 (開場は開演の30分前です。)

料金:前売2,000円/当日2,300円/高校生以下1,000円(E-mail予約のみ)/『REDUNDANCY』セット券3,500円(1drink付)

取扱
ローソンチケット(一般前売Lコード:11838/セット券Lコード:11840)
 ※ローソン店頭Loppi直接販売/電話予約0570-084-001(要Lコード)/ローチケ.com(http://l-tike.com/
E-mail予約
 ※タイトルを「NONAI予約」として、お名前・日時・枚数(一般○枚、高校生以下○枚)・電話番号を
   mail@bloch-web.net までお送り下さい。折り返し予約ナンバーを記載した確認メールを送信いたします。

発売日:4月1日発売開始(ローソンチケット、E-mail予約とも)

会場:演劇専用小劇場BLOCH http://bloch-web.net/
    (札幌市中央区北3条東5丁目5 岩佐ビル1F)

お問合せ:011-251-0036(BLOCH)

※ご来場のお客様には本編中の授業に参加していただきます。
 あらかじめご了承ください。


====================


NONAI AFTER INSTRUCT
『REDUNDANCY』 Produced by 川尻恵太

DJ&ACT:川尻恵太

GUEST DJ:イシハラノリアキ(yhs)、イトウワカナ(intro)、EddyWhite(EDASULLIBANS)、TANI-KEN(plasmania)、ツルオカ、
 弦巻啓太(弦巻楽団)、橋本一生(ISSUE)、山田マサル、Lynn(Flower Lounge) and more...

GUEST DVDJ:棚田満(劇団怪獣無法地帯)

GUEST ACT:1.2.DON、鈴木雄一(劇団ギャクギレ)、笠井琴美 ほか

SPECIAL GUEST:今立進(エレキコミック)

日時:2010年5月29日(土)20:30open 21:00start 4:30close ※最終入場23:45

料金:前売2,000円/当日2,500円/フライヤー持参2,200円/『NO NAI』セット券3,500円(各1drink付)
 ※未成年者入場不可。ご入場の際に身分証明書を確認させていただきます。

取扱
ローソンチケット(一般前売Lコード:11839/セット券Lコード:11840)
 ※ローソン店頭Loppi直接販売/電話予約0570-084-001(要Lコード)/ローチケ.com(http://l-tike.com/

会場:演劇専用小劇場BLOCH http://bloch-web.net/
    (札幌市中央区北3条東5丁目5 岩佐ビル1F)

お問合せ:011-251-0036(BLOCH)


====================


よろしくお願いします。

川尻恵太
posted by 砂糖 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。